湘南美容外科でワキ汗ボトックス注射を打って見た!痛みや効果は?

私は昔から汗っかきでワキ汗も多くかく方だったのですが、まあワキガでもなかったし、制汗スプレーでいいかという感じで汗を抑えたり小まめに拭いたりして過ごしてました。

がしかし、この度多汗症の治療を行う決意に至りました!

実施を決定付けた理由として、1年前から全身脱毛を始めたところ、今まで以上にワキ汗が大量にでるようになってしまった為です。特に夏場になると乾いた汗が塩の結晶となり、黒いシャツの脇の下に白く跡が残ってしまう程で、これはマズイぞと思った次第です。

治療については、全身脱毛でお世話になっている湘南美容外科で多汗症治療も行っていた事から、こちらで治療相談と実施をしました。今回その報告をして行きたいと思います。

因みに全身脱毛については、当初ヒゲ脱毛目的で湘南美容外科を訪れたのですが、キャンペーンを行っていたついでに全身にしてしまいました。こちらについてはまだ終わっていないので、終了後別途体験談を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

脱毛とワキ汗の因果関係

脱毛については私は男性ですし、全身の毛をツルツルにするつもりではなく、全体的にもう少し薄くしたいという感じで始めました。実際ワキ毛も以前よりは少なくなったかなぁという程度でしっかり生えてます。ただ、脱毛を繰り返すごとに薄くなってきたのは事実で、その点の因果関係について先生に相談してみました。

明確な原因は分からない

実際に同じように感じた方はこれまでもおられたとの事でしたが、結果として明確な根拠や因果関係は不明でした。考えられる要因としては、ワキ汗の量が増えたのではなく、毛が少なくなった事でワキ汗が流れやすくなった事と、それが気になって余計に緊張やストレスを感じて汗が出てしまっていると言ったような事でした。

まあ、確かに脱毛をしても毛穴がなくなる訳ではありませんから汗は出ますし、そこにあった毛がなくなった事で汗がダイレクトに服に付着してしまいますから、理屈は理解できますね。

治療方法の選択

私は大阪在住につき、今回大阪の湘南美容外科で治療を受けました。湘南美容外科で取り扱っている多汗症の治療は数種類あるのですが、私の症状を元に先生と相談した結果、一番手軽で料金も比較的安いボトックス・ボツリヌストキシン注射でまずは様子を見てみる事にしました。

ボトックス・ボツリヌストキシン注射とは?
わきの下に注入することでエクリン汗腺の活動を抑制し汗の分泌を抑える治療。 効果は永続的なものではありませんが、治療時間約5分のお手軽な施術です。

湘南美容外科の主な治療内容及び詳細は、公式HPにてご確認下さい。

ボトックス・ボツリヌストキシン製剤の選択

ボトックスには2つの製剤があり、どちらかを選択する必要があります。一つは米国アラガン社製の「ボトックス」、そしてもう一つは韓国ハンスバイオメド社の「リジェノックス」です。

一般的にボトックスと言うと治療名と思われがちですが、実は製品名なんですよね。今回私はボトックスを選びましたが、主な違いは以下の通りです。

ボトックス

ボトックスというのは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種で、アセチルコリン分泌阻害のために一過性の筋肉麻痺を生じさせます。 以前から、眼科、神経内科の領域で、眼瞼・顔面痙攣などの治療に用いられてきました。

世界で1千万人以上の方が治療を受けているアラガン社製『ボトックスビスタ』

『ボトックスビスタ』は国内唯一の厚生労働省承認のボツリヌストキシン製剤で米国で発売依頼20年間の臨床経験(安全記録)のある安心・安全・高品質でお客様満足度も非常に高いものです。世界で1千万人以上の方がアラガン社製『ボトックスビスタ』の治療を受けており、世界で95%以上の市場シェア2000万を超える症例があります。当院では安心・安全・高品質で満足度も高い厚生労働省承認のボトックスビスタ(アラガン)の使用をおすすめしています。費用を抑えたい方にはボツリヌストキシン(REGENOX)もございますので、ドクターにご相談ください。

ボツリヌストキシン(リジェノックス)

ボツリヌストキシン(リジェノックス)はKFDA(韓国食品医薬品安全庁)で認可され、その安全性はすでに確立しています。欧米では、シワに対する美容外科、 美容皮膚科での使用で少なくとも10年以上の歴史があります。男女を問わず非常に多くの人々から支持されているプチ整形です。

上記の違いについては、湘南美容外科HPからの引用となります。

実際に先生とのカウンセリングにおいても、オススメはやはりボトックスでした。理由は前述の通りで圧倒的な実績と満足度によるものです。また、それによる安心制度がついている点についてもオススメの理由の一つでした。(安心保証制度については後述します。)

ボツリヌストキシンも特に問題がある訳ではなく安価なのですが、簡単に言うとボトックスのコピー商品であり、ボトックスに比べると多少効果のバラツキが見られる場合があるとのことでした。

以上の見解を踏まえた結果、ボトックスを選択するに至りました。

治療の流れ

先生とカウンセリング

スタッフと施術方法の最終確認(麻酔の有無)

治療申込内容の説明/申込書への記入

料金支払い

治療

先生とのカウンセリング後は、スタッフの方とバトンタッチされ、施術方法の最終確認を行います。最終確認を終えると治療申込書へサインし、料金を支払った後、当日治療を行ってもらいました。

麻酔の確認

今回の治療では、笑気麻酔を利用できるとの事でした。内容を聞いてみるとリラックス効果のあるガスを吸う事で頭がボワ〜っとなって痛みが紛れるそうです。実際に行っている人は男性の方が多いようで、女性の方が痛みに強いのかな?

スタッフ(女性)の方も何名か治療をされたようですが、皆さんやはり麻酔なしで我慢できると言っていたとの事でした。人によって痛みは千差万別ですが、普通の注射が我慢できれば問題ないと思いますとのことでしたし、我慢できなければ治療中に麻酔を吸うこともできるとの事でしたので、麻酔なしを選択しました。

因みに笑気麻酔をした場合は、3,240円(税込)の追加料金が必要となります。

安心保証制度

湘南美容外科では、今回私が受けたアラガン社製のボトックス治療についてのみ、安心保証制度が適用されます。内容はボトックス治療後、1週間が経過しても変化がない場合、無料で1回再注入してもらえると言うものです。詳細については実際に治療される各店舗にて確認をお願いします。

スポンサーリンク

治療開始

簡易ベッドのある治療室へ移動し、上半身裸になり両腕をオープン。

ワキ毛の処理は不要

カウンセリングの際にも確認したのですが、ワキ毛の処理は不要で、そのままの状態でOKでした。

ボトックス注入

まず、右脇めがけてボトックス注射が打ち込まれ、その後15箇所程度ブスブスと注射が繰り返されました。注射器を見ると、日頃病院で打たれる(血液を抜かれる)ようなものではなく、針先も細く小さな注射器でした。時折チクっとはしましたが、全然我慢できるレベルで痛いと言ったものではなく、左腕も同様に15箇所程度打ち込まれましたが痛みはほぼ感じませんでした。

そして「はい、お疲れ様でした」との先生から一言。合計5分もかからずあっという間に治療終了です。

3,240円払って笑気麻酔をする必要など全くなく、選ばなくて良かった良かった。。今後もし治療をされる場合は、私と同様にまずは麻酔なしを選択し、痛みに合わせて麻酔を追加すれば良いと思います。

治療後の状態

ワキの毛であまり良く見えませんでしたが、少し赤くなっているかな?程度で特に気になるような事はありませんでした。触っても違和感や痛みもなく、当日からシャワーやお風呂も問題ないとの事で帰宅後はいつも通り過ごしました。

効果の確認

治療後、遅くても3〜7日以内に効果が現れるとの事でしたが、私の場合帰宅した夜あたりから汗が出なくなったなぁと感じました。そして、その翌日からはピタッと汗が出なくなり効果抜群です!

先生からは、大体汗の量は今までの60〜70%くらい少なくなり、期間は3〜4ヶ月。長い人で半年間くらい持つと言われました。定期的に注射を繰り返す事により、期間も長く持つようになり、その後は打たなくても汗が殆ど出なくなった方もいるようです。

私は今回が初めてですし、冬場と言う事でまだ汗もかきにくい時期ですので、今後も定期的に治療を行いながら様子を見たいと思います。

治療費用

ボトックス
(アラガン)
価格
(税込)
ボツリヌストキシン
(リジェノックス)
範囲 価格
(税込)
わき 36,800円 わき ショート 12,960円
グランデ 19,440円
トール 25,510円

湘南美容外科での料金表です。

ボトックスの場合は、範囲に関わらず36,800円となりますが、リジェノックスになると範囲によって料金が異なります。男性の場合は範囲が広くなる為、トールを選択するのが一般的との事でした。ボトックスとトールを比較すると1,1290円の差がありますが、品質や安心保証制度を含め総合的に判断した場合、やはりボトックスを選択して良かったと感じました。

感想とまとめ

結果として、やって大正解でしたし、もっと早くやれば良かったなぁと思いました。

まだ、治療して2週間程度しか経過していましせんが、副作用等も全くなく、現在も快適に過ごしています。今後も様子を見ながら経過報告できればと思いますが、湘南美容外科ではワキ以外の汗にも対応していますし、カウンセリングは電話でも無料で受けられますから、多汗症で悩まれている方は是非一度、相談されて見ることをオススメします!

追伸:2回目やってきました

1回目の治療から半年以上が経過し、効果がなくなってきたので2回目の注射を行ってきました。

当初先生が言っていた通り、3〜4ヶ月は効果絶大でそれ以降少しずつ効果が薄れて行くと言った感じでしたが、私の場合半年間は問題なく過ごせましたね。

治療の流れ

1回目と同様、アラガン社製のボトックス注射を選択し、簡単な申込書とサイン、料金の支払いですぐに手続きは完了しました。別の薬剤を選択した場合は、改めてカウンセリングが必要となるようです。

2回目のボトックス注射はなぜか痛かった・・・

前回同様、治療室へ移動後、上半身裸になって両腕オープン。

今回も笑気麻酔なしで楽勝モードでスタートし、ブスブスとワキに注射を打たれたのですが、前回よりもなぜか痛い!!! 時折、「イタッ」と声を思わずあげてしまいました。

打つ場所によって、痛みを殆ど感じないところもあるのですが、この違いは何だったんだろう?多少声を上げつつ、今回も治療は5分程度で終了。

これで年内はワキ汗を気にすることなく過ごせます。様子を見て3回目もまた行くと思いますが、次回は先生にちょっと優しめでお願いしますって、言ってみようっと。



スポンサーリンク