ぷらっとこだまは安くてお得!新大阪〜名古屋の乗車報告

ここ数年、年1ペースで名古屋に出掛けており、今年も名古屋へ。

毎回電車を使って移動しているのですが、今回ぷらっとこだまなるものを見つけ、電車代が安く出来そうだったので利用してみる事にしました。

往復利用してみて、とても便利でしたので乗車報告をして行きたいと思います。

スポンサーリンク

ぷらっとこだまのチケット購入

まず、いきなりですが、ぷらっとこだまのチケットは、きっぷではないのです!

JR東海ツアーズのHPを見ると、以下の記載がありました。

「ぷらっとこだま」は、こだま号の指定席と1ドリンク引換券をセットにした募集型企画旅行商品です(きっぷではありません)

JR東海ツアーズホームページ:http://www.jrtours.co.jp/kodama/

 

う〜ん、何か良く分からんけど、要するにJRの乗車券ではなくツアー旅行会社のチケットと言う事なのかな?HPで購入場所を探したところ、インターネット・電話・JR東海ツアーズ・JTBでの申し込みが可能となっており、確かにJR窓口での購入先の記載はありませんでした。

また、インターネットと電話での申し込みだと、チケットの発送料金(郵送)が200円かかるとの事で、私は大阪駅内にあるJTBで購入する事にしました。取扱店舗はHPに記載されてますので、利用される方はそこから確認して見て下さい。

JTB入店

JTBに入り、ぷらっとこだまのチケットを購入したい旨を伝えると、申し込み用紙を渡され必要事項(乗車便、発車時刻、席指定など)を記載します。これらは上記のHPで空席情報含め確認出来ますので、事前に確認して置くことをおすすめします。

因みにJTBでは電話予約が出来ませんので、直接行っても空いていなかったら終わりです・・・。HPで確認後、お目当のこだまが空いていたら早めに行く事をおすすめします。

なお、今回私が利用した、新大阪から名古屋までの料金比較は以下の通りです。

新幹線(自由席):5830円
新幹線(指定席):6350円
こだま(指定席):4400円

通常運賃の一番安い自由席と比較しても、1430円更に安く乗る事が出来ます。更に片道+1500円払うとグリーン車にも乗れましたが、距離が近かったですし割引率がなくなってしまうので、今回は遠慮しました。

結局、今回は往復利用の普通指定席料金8800円を支払い、無事チケットをGET。初めての利用と言う事で、JTBの方が利用内容等を細かく説明してくれました。

いざ、乗車

乗車当日、チケットを片手に新大阪駅へ。

ぷらっとこだまは、指定席のみですので並ぶ必要もありませんし、また1ドリンク無料チケットがもらえますので、駅の売店で飲み物を物色します。

こだまは車内販売がありませんからね。。

使えるお店や飲み物はチケットに記載がありますが、分からなければお店の人に直接聞いてみましょう。因みに往復チケットを購入した場合は、1ドリンク無料チケットも2枚もらえますので、往復でそれぞれ1本ずつ引き換えてもよし、また片道で2本まとめて引き換えても構いません。

飲み物を選んだ後は、駅の改札口へ。

今回のチケットでは自動改札機は通れませんので、JR東海の新幹線専用改札口(自動改札機の横にいる駅員さん)でチケットを渡します。

渡したチケットに、日付が記載された小さな判子を押してもらいそのまま無事通過する事ができました。(写真撮るの忘れてしまいましたが・・・)

そして乗車する事約1時間、あっと言うまに名古屋に到着です。

ぷらっとこだまのメリット・デメリット

ここで改めて、メリットとデメリットを簡単に。

メリット

通常料金より安く普通車指定席、グリーン車に乗れる。1ドリンク無料チケットがもらえる。

デメリット

乗車時間が長い:こだまなので、各駅停車。

途中乗降不可:購入した区間内であっても、途中乗降できない。乗り遅れや変更、払い戻しができない(自己都合の場合)

改札口限定:乗り換え等で時間が短い場合は、注意が必要。

まとめ

メリットデメリットを記載して見ると、一見デメリットの方が多く感じますが、総合的に見ると私の大阪〜名古屋間は全然お得で快適でした。

距離が遠くなればなる分、勿論乗車時間も長くなりますし、上記含めたデメリットも確かにありますが、その代わりに料金が安くなっている訳ですから、その辺は致し方ないでしょうね。

新大阪〜東京間になると4時間近くかかりますから、時間に余裕がありのんびり移動したい方、移動費を節約したい方は是非利用してみては如何かと思います。

私も今後、積極的に利用したいと思いますし、東京へ長時間移動する場合はグリーン車にチャレンジしてみたいと思います。その際は、別途報告できればと思います。

それでは皆さんもお得で良い旅を!



スポンサーリンク