巨人のヘルメットに貼ってある日本電産って何?CMや株価についても

少し前から、巨人の野球中継を見ていて気になっていた事があるのですが、ヘルメットに何やら「日本電産」と書かれたステッカーが貼ってあるではありませんか。

各チームのヘルメットには、スポンサー名が表示されたステッカーが貼られている事は知っているのですが、日本電産って?最近CMもちらほら見るようになりましたので、今回は日本電産について、ちょっと調べて見たいと思います。

スポンサーリンク

日本電産とは?

正式社名:日本電産株式会社

1973年 現 代表取締役会長兼社長である、永守重信氏により京都に設立された東証一部上場企業。

精密小型から超大型までの幅広いラインナップを誇るモータ事業を中心に、「回るもの、動くもの」に特化したモータの応用製品・ソリューションを手がけており、これらの製品は、身の回りのあらゆるところに使われており、人々の生活や社会に無くてはならない製品です。との事。

ようするに、色々な回るもの(モータ)に特化した製品を作っている会社と言う事のようですね。

会社概要

改めて会社概要は、こちら。(出典:www.nidec.com)

従業員数連結 約11万人売上高連結 約1兆円、相当大きな会社ですね。

製品グループ別売上高構成

出典:www.nidec.com

確かに製品グループを見て見ると、家電から車、産業用ロボットまで幅広いモータを展開している事が伺えます。また、HDDモータにおいては、世界No.1のシェアを誇っているとのことです。

太陽よりも熱い男

さて、色々と調べて行く中、「太陽よりも熱い男」として創業者である永守重信氏の半生が漫画形式で紹介されていました。

出典:www.nidec.com

1944年、京都の農家に6人兄弟の末っ子として生まれ、理科の授業をきっかけにモータの魅力に取りつかれたそうです。その後もモータの勉強を重ね、1973年(29歳)に日本電産を創業されています。72歳になった現在も、代表取締役会長兼社長として会社を牽引しており、すごいバイタリティーですね。

業界ではかなりの有名人のようで、2014年にソフトバンクの社外取締役に就任し、同年11月に発刊された「日経ビジネス」において、社長が選ぶベスト社長ランキングで1位を獲得されています。また、日本から海外まで数多くのM&Aを行い、赤字を黒字会社に変えることでも有名です。

因みに「一番以外はビリだ!」と言う言葉をモットーとしており、一番好きでも有名な永守会長兼社長。京都に本社ビルを建てる際、京都で一番高いビルにする!と言うことで、当時No.1であった「京セラ本社ビル(95m)」を抜き、見事100.6mの本社ビルを建てました。

相当な、負けず嫌いが伺えますね(笑)

株価と業績

過去10年間と直近1年間のチャートを見て見ました。

過去10年間チャート

過去1年間チャート

2008年〜2009年にかけて、リーマンショックの影響と思われる落ち込みが一時期見られますが、それ以降は全体を通して見ると右肩あがりとなっています。また、過去何度か分割もされていますので、底力のある安定した会社である事が伺えます。

直近の株価(2017年8月14日時点)を見て見ると、終値12,485円となっており、購入枚数100株とした場合、最低1,248,500円必要です。私も株を少しやっていますが、購入するにはちょっと金額が高いので、せめてNISAが使える100万円以下にしてもらいたいところです。

因みに年1回の株主優待として、「日本電産サンキョーオルゴール記念館すわのね 無料入館リーフレット」がもらえます。長野県諏訪市にあるオルゴール記念館のようですが、こちらはちょっと興味がわかないですね・・・すみません。

業績も2017年には連結売上高1兆円を超え、2020年には売上高2兆円を目標に掲げています。右肩上がりに成長を続けているだけに、更に分割して単価を引き下げてくれる事を期待します。

尚、株式の購入はネットを通じて証券会社の口座を開設し、簡単に購入することができます。私はマネックス証券を利用していますが、豊富な商品やサービスが強みで、多くの利用者がおり人気のある証券会社の一つとなっています。

スポンサーリンク

巨人のスポンサー契約及びCM

読売巨人軍オフィシャルスポンサー

2016年7月26日より、オフィシャルスポンサーとして契約を行ないヘルメットへ「日本電産」の社名が表示されるようになりました。元々は京都の企業ですから、近畿地方の「阪神タイガース」や「オリックスバッファローズ」のスポンサーになるかと思いきや、読売巨人軍なのですね・・・

そこはやっぱり、「一番以外はビリだ!」をモットーに、球界No.1の実力を誇る巨人とのスポンサー契約を結んだのでしょうか?

ただ、契約後は残念ながら優勝を果たせておらず、また今期も13連敗及び自力優勝も消滅している状態ですから、優勝はほぼ無理でしょう・・・巨人ファンの皆さん、ごめんなさい。

CM放送

2016年12月26日より、創業以来初となるCMを開始しています。

タレントの佐々木蔵之介さんを起用し、「もし、日本電産がなかったら」編と題して全国にCMが流れました。2017年3月くらいにCMは終わっていましたので、恐らく新規採用を目当てとしたCM戦略だったのではないかと思われます。

また、第2弾として2017年8月1日より「隣の子供と自動車運転」編として、全国でCMが流れています。

前回に続き今回も佐々木蔵之介さんを起用し、何れのCMも、日本電産のモータが世の中には欠かせないと言う事をアピールしているように思います。スポンサー契約やCMを通じて、ブランドイメージが定着すると良いですね。

まとめ

今回は、日本電産について調べて見ましたが、いかがでしたでしょうか?

太陽よりも熱い男である、永守重信会長兼社長のやる気と、グローバルな事業展開により今後も更なる活躍が期待できそうです。電機業界を牽引してきた、日本のシャープや東芝が経営破綻に追い込まれるなか、今後どんな大企業でもその可能性がないとは言えませんが、日本のエレクトロニクス業界を牽引してくれる存在になって欲しいですね!



スポンサーリンク