カゴメの株主優待品(2018)が届きました!到着時期や中身を紹介

昼間っからぼーっとTVを見ていたところ、ピンポーンと宅急便が到着。何かと思えばカゴメからの株主優待品でした。毎年2回に分けて届く、この株主優待品。1人暮らしの私にとってはありがたい限りです。それでは今回の優待品を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

2018年度上期(第33回)優待品

優待品は株の保有数によって異なりますが、現時点では以下の通りです。

100株以上〜1000株未満 1000円相当のカゴメ商品
1000株以上保有     3000円相当のカゴメ商品

到着した優待品

私は100株保有しているので、1000円相当のカゴメ商品が佐川急便で送られてきました。

中身をチェック

早速箱を開け、中身を見て見るとこんな感じでした。

まずは、トマトジュースと野菜生活ジュースが3パック。定番のトマトジュースに加え、オレンジ・カモミールミック瀬戸内柑橘ミック、スムージーカカオアーモンドミックス。それぞれ野菜や果物がふんだんに使用されており、またビタミンCや食物繊維もたっぷり。体に良さそうです。

続いて、缶に入った基本のトマトソース。これは初めて見ましたが、煮込み料理やパスタにそのまま混ぜて使えるようなので、そのうち使って見ようかと思います。まあ殆ど料理する事はないので、パスタにさっとかけて終わりそうです。

そして最後に、トマトケチャップ。これについてはもう何も言う事なしですね。普段は冷凍食品ばかり食べているので、これに一杯かけて味を変えたいと思います。

株主優待制度の変更

今回もすっかり忘れた頃にありがたく届きましたが、これまで毎年2回(上期/下期)届いてました。しかし、今回同封されていた案内を見ると、次の通り株主優待の条件と到着時期が変更となるとのこと。

この度の変更により、長期的に株式を保有して頂くことを目的として、10年以上保有して頂いた株主の皆様に、当社オリジナル記念品を贈呈することと致します。
株主優待品のお届けにつきましては、宅配コストの上昇等に鑑み、株主優待品1,000円相当(100株以上1000株未満)、または3,000円相当(1000株以上)年2回のお届けを、2,000円相当(100株以上1000株未満)、または6,000円相当(1000株以上)年1会のお届けに変更致します。また、半年以上継続して株式を保有して頂いた株主の皆様に限り、株主優待品をお送りすることと致します。
出典:カゴメ株式会社

 

※4 当社オリジナル記念品の内容については、2019年6月までにホームページ等でご案内します。10月にお届けする優待品と一緒にお送り致します。

簡単にまとめると以下のような感じです。

・長期的に株式を保有してもらうことを目的とし、10年以上株式を保有した人にオリジナル記念品を贈呈する。

・半年以上株式を継続して保有した人のみ、株主優待の対象とする。

・宅配コストの上昇等によって、年2回届けていた優待品を年1回とする。(優待品の内容は2倍相当)

改悪となる点については、株式を半年以上保有した人が対象となることですが、それ以外は特に問題ない感じです。10年間保有した人に対しての1回限りのオリジナル記念品がまだ不明ですが、個人的にはあまり興味は湧きませんね・・・カゴメさん、すみません。

到着時期

前述の通り、宅配コストの上昇等に伴うものとのことですので、これは仕方がないように思います。中身(金額)が減るわけではなく、2回分の優待品がまとめて1回で届くようになっただけなので、特に問題ありませんね。

株価状況

2018年4月20日現在の株価状況です。(出典:日本経済新聞

私は9年くらい前に株主優待品目的でカゴメの株を購入し、現在も保有し続けています。上記は過去5年間のチャートですが、安定して右肩上がりとなっていますし、今後も当分持ち続けたいと思います。

また、株を買って配当金以外に優待品等がもらえるのは日本だけだそうですね。株の運用にはリスクも伴いますから、自己責任でしっかりと売買をする必要がありますが、自分の好きな会社や優待品を目当てに上手く運用すれば、お得に楽しむ事が出来ます。

現在はNISAもありますし、余裕資金のある方は少しずつ勉強しながら、応援したい会社や欲しい優待品があれば、購入を検討してはいかがかと思います。因みに私は株式投資を始めた当初から、ずっとマネックス証券を利用しています。大手ネット証券のひとつで、コールセンターの対応も非常に良いですし、特に初心者方にはオススメの証券会社だと思います。

私も引き続き株式の勉強しつつ、その他購入している会社の株主優待品が届くのを楽しみにしたいと思います。来年は10年目になりますので、あまり期待してないカゴメのオリジナル記念品も楽しみに?待ちたいと思います。



スポンサーリンク