鼻毛の処理に失敗して流血したのでノーズトリマーを買いました

先日いつも通りハサミで鼻毛の処理をしていたところ、「ジョキ!」と言う小さな鈍い音ともに流血が・・・見事に鼻毛の処理に失敗しました。

これまで多少チクっとした事はあったものの、今回は結構痛くて流血もそれなりにしてました。手元が狂ったとはいえ、今までそんな失敗なかったのに・・・年をとったもんだ。

鼻にティッシュを詰めた自分の顔を鏡で見つめながら、鼻毛カッターを買いに行こうと心に決めたのでした。

スポンサーリンク

家電量販店にて

丁度、近所の家電量販店でセールをやっていたのを思い出し、早速足を運んで見た所、500円で安売りされているのを発見しました。

ライト付きで立てて保管できるスタンド付き。ふむふむ、まあこれで500円ならいいかと言うことで、購入したのはこちら。

鼻毛カッターと言う名前しか頭になかったのですが、最近は?「ノーズトリマー」と言うちょっとお洒落なネーミングで呼ばれているのですね。確かにこれなら、男女問わず気兼ねなく呼べそうな感じです。

お目当の商品を手に取り、レジに向かうと

店員さん
単三乾電池が一本必要ですがお持ちですか?

とのことで流石店員さん、優しさ&商売上手。抜かりがありませんね。

残念ながら電池は家にありましたので、丁重にお断りして商品だけ購入しました。

使用した感想と使い方

早速電池を入れて、スイッチオン。ウィーンという小気味好い回転音とともに鼻の穴に入れて見ると、ジョリジョリと音と立てて鼻毛がカットされて行きます。

使い方

ある程度使って見て、効率が良いなと思ったことを羅列してみます。

鼻の中を洗う(水分を取っておく)

顔を洗ったついでに鼻の中も洗浄したり、鼻を噛んだりして事前に良く水分を取っておくと、油分が取れて鼻毛が綺麗に揃います。

ノーズトリマーを鼻に入れる

鼻の穴の形に沿って、ノーズトリマーを円を描くように軽く回したり前後に動かすと、ジョリジョリと鼻毛がカットされている音がするので、音がしなくなるまで一通り動かします。音がしなくなったらスイッチを切り、鏡で鼻の穴を覗いてチェック。これを繰り返します。

鼻を掃除する

処理が終わった後は、最初と同様に鼻を洗うか、ティッシュで鼻の穴を掃除します。掃除して見るとヒゲと同じように小さな毛が粉粒のように一杯ついています。ちゃんと掃除せず、処理した鼻毛の粉が後から鼻の下に付着してると格好悪いですからね。

ノーズトリマーの手入れ

私が購入したのは水洗い不可でしたので、専用ブラシで先端を外し毎回掃除します。鼻毛や鼻水が付着したままにしておくと、刃の寿命に影響しますし、不潔ですからね。

[ad#]

まとめ

これまでずっと、小さなハサミと毛抜きを使って鼻毛の処理をしてましたが、ノーズトリマーもいいもんだなあと実感しました。

毛抜きについては鼻の穴の入り口付近のみ、見えやすい部分に使用してますが、あまり抜きすぎると毛穴からばい菌が入って化膿したり、鼻水が流れ易くなってしまうんですよね。

今後はノーズトリマーをメインに、鼻血厳禁で安全に鼻毛を処理したいと思います。

尚、今回私が購入したものはこちらの安価なものでしたが、デメリットをあげるとすると先端が1cm弱程度でカットできる部分は、鼻の手前部分のみ。奥の方になると届きませんし、無理に突っ込むと危ないです。

値段は上がりますが、奥まで届いて水洗いも出来るものもあるので、次回買う時はこっちにしようかと思っています。

他にも色々と便利グッズがありますので、今後もチェックしつつ、身だしなみをしっかり整えたいと思います。幾つになっても、清潔感のある男でいたいですし、周りに不快な思いをさせたくないですからね。



スポンサーリンク