謎のしこりは粉瘤(アテローム)?診察と手術までの道のり

15年くらい前だったかな?、右腕の付け根部分に謎のしこりができたのは・・・

初めはもっと小さかったと思いますが、5〜6cmくらいの大きさをキープしつつ早15年以上。何かのタイミングでいつか診てもらおうと思いつつ、特に痛みもなかったのでこれまでず〜っと放置プレイでしたが、この度ついに病院に行く事にしました。

スポンサーリンク

病院は何科?

見た目的に外科かな?と思いつつ、良く分からなかったので地元の市立病院へ行って見る事に。結果やっぱり外科を案内されて待つ事1時間程度。初診で予約なしと言うこともありましたが、それにしても大きな病院は待ち時間が長い・・・

診察(その1)

患部を診せながら先生と話したところ、あ〜これは粉瘤(ふんりゅう)でしょうね。別名アテロームとも呼びますとの事。

私の右腕参考まで(注)鏡ごしに撮ってますので、左腕になってます & ちょっと画像悪いです。

私も以前右腕に小さいのが出来て自分で潰した事があるんです、と先生が自ら腕を診せながら説明してくれました。見ると小さな穴のような跡が見えました。

ただ、

先生
自分で潰しちゃダメですよ!

と、一言・・・オイオイ!!!

粉瘤とは

症状

アテロームとも呼ばれ、世間では「おでき」とも呼ばれています。見た目の特徴は、半球状に盛り上がった黒いしこりで、小さいものは数mmから数cm程度、大きくなると数十cmにもなります。初期状態では盛り上がりが目立たず、触るとコリコリするような感触がします。粉瘤はニキビと違い、発症している場所の内部に袋があり、その中に角質や皮脂などの老廃物が溜まっているものです。また、粉瘤の内部にある袋は、皮膚で構成されているため、徐々に大きくなっていく場合があります。

原因

ウイルス感染や外傷、毛根を形成する組織のひとつである毛漏斗(もうろうと)など、さまざまな原因により、粉瘤は発症するといわれております。

出典:スキンケア大学 http://www.skincare-univ.com/article/031980/

外傷が原因となってできる事もあるようですが、多くの粉瘤の原因は不明だそうです。

まあ思い当たる節はありませんが、何らかの要因によって私の皮膚の中に袋ができて、そこに老廃物が溜まってしまったと言う事ですね。

治療方法

方法としては患部に局所麻酔を打って、専用の器具で穴を開けて袋を取り出す「くり抜き方」と呼ばれるものが一般的だそうです。

ただ私の場合、患部が大きい為メスを使って切除&縫合する必要があり、また位置が腕の付け根部分にある事から少々テクニックと慎重を要するとの事。

先生
うちの病院でも手術は勿論可能ですが、傷跡を綺麗にしたければ、別病院の形成外科をお勧めしますが・・・

と提案されてしまいました。

別に男ですし、服を着ていれば見えない箇所なので多少傷跡が残っても特に気にならないのですが、流石にそう言われると考えてしまいます。

結局、紹介状を書いてもらい、別の病院へ行く事にしました。

因みに紹介状もしっかり料金が発生するのですね。3割負担で1通、750円でした。

[ad#]

病院の変更

外科から形成外科へ

翌日、紹介してもらったこれまた更に大きな病院へ。

受付で手続きを済ませた後、「外来受診時の選定療養費について」と言う内容が書かれた紙と説明を受けました。

当院は200床以上の紹介型の急性期病院として認定されており、医療保険の自己負担とは別に自費で以下の金額を頂いております。

初診時        :紹介状あり(負担なし)/ 紹介状なし(3,240円)
再診時(同月2回まで) :紹介状あり(負担なし)/ 紹介状なし( 430円)

何と紹介状がなかったら、いきなり3,240円払わないと行けないところでした・・・危ない、危ない

診察(その2)

改めて2回目の診察です。
こちらから伝えた内容は同じで、先生からの回答も昨日の先生とほぼ同じでした。

しかし、ここからが大病院?

やはり患部の大きさと場所が気になるようで、血液検査と生まれて初めてのCT検査を受けました。 結果は何れも異常なしでしたが、流石にCT検査で寝かされて装置が移動する間はちょっと緊張しましたね (^_^;)

手術の準備

診察結果を元に、手術をするかどうかの最終確認 → Yes!

そして、手術内容の説明と同意書を受け取りました。

同意書と麻酔同意書

同意書には、医療行為名「皮膚腫瘍切除」と記載されており、医師から医療行為の説明を受け内容について納得し同意しましたと言った内容が記載されていました。

また、麻酔同意書については、今回の麻酔(局所麻酔)について、同様に医療行為の説明を受けましたと言う内容と副作用や合併症等が生じる可能性があると言う内容について納得し同意しましたと旨が記載されていました。

何か文書にすると物々しいですし、このような書類にサインをしたことはありませんが、まあこの辺は大きな病院では当然の事なのでしょうね。

手術当日に持参するよう指示を受けましたので、しっかりサインをして当日の手術に臨みたいと思います!

診療明細

診察(その1)

合計金額:2,680円でした。(紹介状:750円含む)

先生の診察のみでしたので、まあこんなもんですかね。

診察(その2)

合計金額:8,930円でした。

診察に加え、CT検査と血液検査がありましたから、結構お高くなっていました。

明細には、何ちゃら料 ○点とそれぞれ内訳が記載されていますが、正直良くわかりません。3割負担なので何れもこの金額で済んでいますが、やっぱり医療費って高いですね。。

ただ、大きな病院になると自動精算機があり、またクレジットカードが各種使えるので、これは便利で助かるなあと思いました。

カードで払えば、ポイントも貯まりますしね!

手術予定日

日程が詰まっているとの事で、約1ヶ月後の10/16となりました。

心の準備は出来たのに、えらい先だな全く・・・

また、手術当日は局所麻酔を行う為、原則24時間は車の運転はしないで下さいと言われてしまい、バスかタクシーでの移動を余儀なくされてしまいました。。

まあ、怪我を治しに行ったのに、逆に怪我して帰って来てもシャレになりませんので、大人しく指示に従おうと思います。手術の結果やその後の様子などは、別途報告させてもらいたいと思いますのでお楽しみに?

そして1ヶ月後・・・

手術の結果報告はこちらの記事をご参照下さい。

粉瘤の切除手術をしました。痛みや費用は?術後の経過報告

2017.10.26



スポンサーリンク