安くて便利!エカマイ通り(soi63)の赤バスに乗ってみました

もうかれこれ10回くらい訪れているバンコク。

これまで移動手段として、タクシー・BTS・バイク・トゥクトゥクは使った事はあったのですが、まだバスには乗った事がなかったので、今回初めてローカルバスに乗って見ることにしました。実際使って見ると安くて便利だったので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

場所はスクンビットsoi63通り

今回エカマイsoi63通りに面したホテルに泊まったのですが、駅まで徒歩で行くには結構距離がありホテル近くのバス停から駅近くまで乗車することにしました。

バス停

日本と同じように道路沿いに点々とバス停があります。時刻表とかは一切ありませんので、来るタイミングをひたすら待ちます!バスの運行数はかなり多いようですが、この通りはいつも渋滞しているので、そのおかげで車が中々動かないんですよね。

他のバス停も含め往復で10回くらいは乗りましたが、平均10分〜15分くらいで着ていた感じでしたので、まあ我慢できる範疇でした。

赤バスは、23番か72番に乗りましょう

バス停でしばらく待っていると、複数の番号の赤いバスが現れますので、23番か72番と書いてあるバスに手を上げて乗車します。

今回両方乗ってみましたが、エカマイ駅方面に行きたい人は23番に乗りましょう。ただ、72番でも手前で降りるか、トンロー駅側に曲がった後の一つ目の停留所で降りれば問題ありません。

23番
soi63からスクンビットのメイン通りに向かって、エカマイ駅及びゲートウェイ側に左折しました。

72番
soi63からスクンビットのメイン通りに向かって、トンロー駅側に右折しました。

車内はかなり年季が入ってました

ご覧の通り、かなり年季が入っております・・・

この日は少なかったですが、時間や曜日によって人が多く、数回立ちながらの乗車でした。エアコンはなく窓は常にフルオープンでしたが、慣れるとそんなに暑くなかったです。

お金を払って乗車券をもらいましょう

乗車するとすぐ運転手とは別に、制服を着た車掌さん?のような方が細長い筒に入ったお金をジャラジャラ言わせながら近寄って来ますので、お金を渡します。

料金は時間や曜日によって異なるようですが、私はが昨年乗った時は6.5バーツでした。窓に貼ってある料金表を見ると、6.5〜8.5バーツ(子供は半額?)のようですね。

2019年1月中旬より料金改正があったようで、現在は6.5バーツ ➡︎ 8バーツとなっているようです。

お金を渡すとお釣りと乗車券をもらいました。支払い後は提示を求められる事はないですが一応、降りるまでは無くさず持っておきましょう。

降りる時は停留所前でボタンを押しましょう

日本のバスと同じように、壁側に数カ所降車ボタンが設置してありました。

適当に降りたい場所で止まってくれるのかな?とボタンを押してブザーを鳴らしてみましたが、残念ながら止まってくれず・・・エカマイ駅をちょっと過ぎた辺りに丁度停留所があり、そこで止まってくれました。

車内アナウンスもありませんし、初めて乗る場合は目的地の手前付近で一応押してみて、一番近場の停留所で止まってくれるのを待つしかありませんね。

まとめ

今回初めて赤バスを利用してみましたが、安くて便利に利用させてもらいました。エアコンはありませんでしが、短距離を移動する分には全く問題ないですね。

同じ距離でタクシーやバイクタクシーも利用しましたが、タクシーだと最低でも35バーツ(初乗り)から、バイクタクシーでも30バーツくらい掛かりましたので、乗る頻度を考慮すると圧倒的にバスがお得です。

渋滞中は排気ガスが多少気になりましたが、まあローカル気分を味わいながらのんびり移動するのもありだなあと改めて思いました。次回もまた利用したいと思います。



スポンサーリンク