エアアジア(バンコク)搭乗レポート!LCCのメリットとデメリット

数年前から年に1回のペースで出掛けているバンコク。

ゴルフをしたり観光したり、まったりした日々を毎回過ごしていますが、何度行っても飽きる事はなく大好きな国の一つです。

サラリーマン時代は限られた休みの中、高い時期にお金を払って行くしかありませんでしたが、脱サラ後は安い時期を選んで好きな時に行けるようになりました。サラリーマンを卒業して良かった〜!

さて、そんな中バンコクへの移動に欠かせない飛行機について、過去2回LCCでエアアジアを利用しました。エアアジアと言えばアジア最大の格安航空会社ですが、エアアジアを利用した感想やLCCについて私が感じたメリットとデメリットを紹介したいと思います。

*正確に言うとタイの場合エアアジアXなのですが、今回はまとめてエアアジアと書かせてもらっています。

スポンサーリンク

LCC(エアアジア)のメリット

航空チケットが安い

一番のメリットはこれに尽きます。

但し後述しますが、あくまでも安いのは航空チケットに限ってです。totalで考えた場合は注意が必要です。

客室乗務員(CA)さんが華やか

出典:https://www.airasia.com

過去2回の経験上、CAさんが本当に綺麗でした。大体1名は日本人の方でそれ以外はタイ人(アジア系外国人)の方が搭乗されていますが、真っ赤な制服に身を包みとてもセクシーです。

男性なら思わず目がいってしまうのは分かりますが、以前搭乗した際、ちょっとガラの悪い日本人男性のグループが、機内食や飲み物をわざと何度も頼んで見たり、写真を撮ったりしていました。

CAさんは嫌な顔一つせず、明るく笑顔で対応されていましたが、同じ日本人として見ていてとても嫌な気分になりましたし、こんな恥ずかしい事は絶対にやめましょう!

以上、メリットについてはあっという間でしたが、この2つくらいしか思いつきません。

2つ目については、LCCと言うかエアアジアならではですかね・・・

LCC(エアアジア)のデメリット

受託手荷物料金

20kg〜40kgまで3900円〜7900円の料金が掛かります。

機内持ち込み手荷物は合計7kg2つまでは無料です。

機内食

飲み物、食べ物全てにおいて有料です。

事前予約及び機内にて直接購入も可能ですが、売り切れたりする場合がありますので、事前予約しておいた方が安心でしょう。

また、飲食物の持ち込みは禁止となっていますが、以前ペットボトルを事前に買って持ち込んだところ特に何も言われませんでした。同様に持ち込んでおられる方も多々いましたが、原則禁止となっていますのでこの辺は自己責任と言う事で。。

シートピッチ・幅

これは機材によっても異なるのですが、シートピッチ及び幅のどちらかが大体狭くなっています。バンコクの場合は大きめの機材(A330)が使用されていますが、それでも178cmの私には少々辛く感じました。

2回目に利用した際は追加料金を支払って前席のない場所を選びましたが、座り心地が悪いとか言う訳ではないので、体の小さめの方や少々窮屈な体勢でも我慢できると言う方は問題ないかと思います。

機内エンターテイメント(モニター)

すぐに寝れる人であれば良いですが、長距離になるとエンターテイメントがないと時間を潰すのがかなりしんどいです。

タブレットPCがレンタルできますが、こちらも有料となりますので、自分で好きな音楽や本、ゲームなどを持ち込んだ方が良いでしょう。私はipodを持参してずっと音楽を聞きながらウトウトしてました。

ブランケット

ブランケットの貸し出しがなく、欲しい人は有料で購入する事になります。

口コミで、買ってもらう為にわざと機内を寒くしているのではないか?と言うコメントも見られますが、確かに機内は寒い場合が多いので、一枚羽織るものを準備しておきましょう。

因みに私はユニクロのウルトラライトダウンを持ち込んでましたが、飛行機の中で着るだけならもっと安くて同じようなものがたくさんありますので、それで十分だと思います。見た目もそっくりなものが売ってましたので参考まで。

 

以上、デメリットについてまとめて見ました。

そもそもLCCのコンセプトの一つとして、通常無料としているオプションを有料とする事でコストダウンを図っている訳ですから、この辺に関してはデメリットではなく当たり前と言うか仕方ないんですけどね。。

[ad#]

まとめ

結果として、どのような人がLCCの利用に向いているのか私なりに分析して見ました。

とにかく交通費を1円でも安くしたい人。

とにかく移動費用は最小限に抑えられれば、それ以外の事は割り切れる人。

私の場合、エアアジア以外はTG(タイ航空)、JAL(日本航空)のエコノミーを利用していましたが、近年では大体50,000〜65,000円程度と言った感じでした。

エアアジアのキャンペーン期間等で予約できれば、上記の半額程度で行ける場合もありますが、最近それ以外は安くても2/3から上記より少し安い程度の料金になってきている感じがします。

キャンペーン期間をうまく利用しつつ、余計なオプションは不要!その分安くして!という人に向いていると言えるでしょう。

どんな場所でもすぐに寝れる人。

どんな場所でもすぐ寝られて、狭い体勢でも我慢できる人。

デメリットの通り、全てのエンターテイメントが有料となっていますので、普段映画や音楽は聞かず、すぐに寝てしまう人に向いていると言えるでしょう。

最後に

如何でしたでしょうか?

まだ一度も乗った事がないと言う人もおられるかと思いますが、機材に問題があったりCAさんの対応が悪かったりと言ったような、安かろう悪かろうと言う事は決してありませんし、コストが抑えられる事は間違いありませんから、利用してみる価値は十分あると思います。

利用した事によって何かストレスを感じたり、我慢できずに有料で多くのものを利用してしまうと本末転倒となってしまいますが、まあその時はそれも一つ旅の思い出として・・・

尚、航空券やホテルを予約する際、私はいつも「Expedia(エクスペディア)」を利用しています。エクスペディアは他の予約サイトと比較しても見やすいですし、ホテル・航空会社の量が圧倒的に多いのが利用している理由です。

今回の搭乗レポートを参考に、一度は乗って見てその価値を判断してもらえたら幸いです。それでは、皆さんお得に良い旅を!!



スポンサーリンク